毎日の成長を楽しむブログ継続あるのみ

日記を綴る事で新しい発見がある なるべくコンパクト・わかりやすく・皆様の為になることを書く

中田敦彦さん 【育児と教育②】刺激と運動で心を養う&才能とセンスは育てられる を視聴した感想

自分の子供にどれだけしてあげられるか。親であれば自分の子供になるべくいい方向で人生を全うして欲しいと願うものです。私はそれほど財力がないので、お金で子供にしてあげられる事は限られていますが、限られた資産でなんとか子供の為になる事はやってあげたいと思っています。幸いインターネットという素晴らしい技術ができたおかげで、情報の民主化という、だれでもどこでも安価で良質な情報を取得できる素晴らしい時代になりました。地方出身者の私にとってはすごく理解できる。都会への敷居の高さは昔に比べてかなり下がった。

 

今回中田さん後半動画で一番気になったのは「学力」の関わり方で、問題解決力 → 見守り・承認(修正は×) のパートだ。

これが実に難しい。中田さんが言われていた通り、勉強しなさ~いの一点張りに妻がなっている。プリント大量・・・まさに同感です。特に母親の方が子供に対してこうしてしまうのではないでしょうか。

 



感性 → 五感の体験量 いいことばだ、私もそう思う
   → 100円ショップはうちの娘はかなり利用している、良い事だったか・・。特に私の娘は図工が好きなので手先を利用して物を組み立てるからいいな。

 

社会性 → 混ぜるか。。ボーイスカウトに入っているので多少年齢間の体験交流はできているが、異国の交流はさすがにないな。これはなかなか難しそうだけれど外国人と無料で参加できる交流セミナーは近くの地区センター(公共施設)などでも行われているようなので、そういった異文化交流にも足を運びたいと思った。

違う文化を体験することは、おそらく親が留学経験やある程度海外旅行などしていないとピンとこない人が多いのではないかと思う。なぜ必要かすら理解できないかもしれない。今後の日本は人口がますます減ってとてもじゃないが日本人だけで仕事を回していくのは無理であって、様々な国の人々と仕事をする時代に突入する事が大前提だと私は認識しているし、海外にでていくのもやもえない時代になると私は予想している。