毎日の成長を楽しむブログ 継続あるのみ

日記を綴る事で新しい発見がある なるべくコンパクト・わかりやすく・皆様の為になることを書く

退職への火蓋が落とされたか

昨日自分の会社の上司に、トゲトゲしくない文書で何年間か我慢している内容を書き綴ってメールした。反応は良くないものだろうから覚悟しているし、そもそも退職するつもりだ。


最高に良い展開は、私の処遇が改善されるか、何かしら会社からいい提案が出れば良いがそうはならないだらう。いて欲しくない人材なんだと私は勝手に思っているし、そうだろうと予想している。


長年勤めた会社をいきなり辞めると妻も子供も不安に駆られるし、迷惑もかけるので事前にそうなるかもと伝え、納得はしてもらっている。あとは、退職したあと今の収入が維持できるかが勝負なわけで、今の段階で作戦は充分過ぎるくらい練っている。


できれば転職ではなく、起業の形式にして税金対策をうまくこうじて少しずつでもいいので自分の収入、資産を賄えるようになりたい。やはりリーマンは楽かもしれないが、自分で時間や収入のコントロールをやっぱりしたい気持ちは変わらない…


明日死ぬかもよ の本を今読んでますが、ますます起業したい気持ちが込み上げてきてる…


まあ、どうなるかわかりませんが、悔いは残したくないし、死ぬ前に自分がしたいチャレンジはしていきたい。

気持ちよく仕事をするにはどうすればいいのだろうか

長年サラリーマンをやっていると我慢のレベルもあがってくる。我慢の器が拡がっていくと言うことだろうか。不思議なもので自分自身とフィーリングが合う、人、合わない人というのがパックリ別れるのも長年の皮膚感覚の賜物かもしれない。

合わない人の場合、合わないオーラは出さないですが、なるべく相手が自分に対しての不快に思われないように受身返しをする術が私にはある。

やはり、フィーリングが合う人とは会話も弾むし一緒にいて疲れないけれど、話しやすいばかりに距離感を急激に近づけてしまうと相手も戸惑う。


ここって結構難しいんですよね。40年近く生きていてもこの部分って深い…。家族、親戚は距離感が当然近いので喧嘩が発生しやすいといった具合だろうか。イメージとしては。


というわけで今日も頑張るっと言いたいところですが、昨日は仕事の段取りがうまくいかず失敗が多かった……できればこんな日は少なくしたい。客にも恵まれなかった、…フィーリングが、合わない客であった。


フィーリング

フィーリング

  • 発売日: 2011/06/20
  • メディア: MP3 ダウンロード

いっぱい寝るが、できなくなった…

最近、不安と恐怖でピッタリ平均睡眠時間しか寝れなくなった。本来これでOKなわけで、身体的にはバッチリではある。が、精神的にかなり追い詰められているので、ここを何とか改善し乗り切らなければ…


•考える時間がないほど自分に負荷をかけて何かを頑張る。

•早いところ転職して、今の会社とおさらばする


•すぐ転職できるわけではないので、じっくりと時間をかけて次の展開を少しずつ進めていく。


この3つ目の状態になっているが、気持ち的には2番目の状態が正直なところだ。

肉体的には万全で健康だけれど、精神面が病んでるアンバランスな状態というのもなかなか私の人生で振り返ると稀な事象で戸惑っている…


夜になり暗くなって、ぽかぁと空白時間があくとズブズブ深みに入っていくようなやな事ばかり考えてしまうので、何とかならないものか…

ちょっと朝から病んでる記事になってしまったが天気は快晴で今日も前向きに頑張ろう。

単調な事の繰り返しでも、工夫の余地はいくらでもある。細部に神は宿る!

毎日ほぼ典型的な型のある仕事って、新らしみがないぶん楽ですよ。長く同じ会社に勤めていると、なおさら楽で給料が支払われるので、ラッキーと感じることもあるわけです。仕事の全体像が把握できている分、新しく働き出した人よりも当然アドバンテージがあるのです。


が、ここで工夫や改善を怠らないのが素敵な人だと思うんです。例えばつまらない単調な仕事でももっと効率よくできないか?とか、ライバル企業は違うやり方でやってないのか?とか、ただの単調な仕事も角度を変えていろいろみていくと工夫改善の余地って無限にあるわけですよ。


そこに気づくか、または邁進せず日々の仕事をするかで俄然力の差が出てきます。考えるって大事ですよね。そういった意味で全く自分が興味のない本って、意外に自分が足りないものを補ってくれたり、気づかせてくれたりして為になる事も多いんです。


では、今日も頑張ろう!快晴だと元気が出てくるなぁ!

考え方の工夫

考え方の工夫

2日間の連休、大事に時間をつかわねば。

昨晩は同僚と仕事終了後、コンビニでビールとツマミを購入し、軽く飲んでほろ酔い気分で帰った…

心の許せる同僚というのはホント有難いな。もしかしたら仕事内容や給料よりも一番大事なのが、いかにいい同僚とめぐりあえるか?ということなのかもしれない。


長年サラリーマン生活をしていると同じ環境で働いている者同士でないとわからない苦しみや悩みがある訳で、それを多少愚痴れるのは相当なストレス軽減になるのは間違いない。ただ会社に愚痴るというよりか、ちょっとした笑い話にして、くだらない仕事をきれいに心から洗い流してくれるイメージだろうか。誰もがやりたくない仕事はあるわけで、それを我慢してやり続けるというのはなかなか大変なことなので…


雇われてやる仕事というのは、年齢によっても捉え方が変化してくるもので、私は20代のときは幅広い年齢の方と一緒にお仕事するのは結構ワクワクした。正直お金はいらないぐらい楽しかったのを覚えている。知らない世界、知らない仕事がやっぱり楽しくて新鮮だったからだと思う…いま振り返ると。


その時の経験はやはり40代でも生きていて、現在の私のベースになっているのも実感している。ただこの歳になると先が見えてしまうというか、落ち着きどころがある程度ハッキリイメージできてしまうことが多くなり、自分でやりたい、起業したい、個人事業主になりたいと腹から湧き出てしまうんですよね。

そいじゃー本日もがんばろう。


愚直に、考え抜く。

愚直に、考え抜く。

火事場のクソ力ってあるな

追い詰められて、会社から早く抜け出したい、そんな気持ちがこの歳までに3回はあったな…。コノヤローと、殺してやりたい、コンチクショー的な感情かな。逆に、大成功、ウォ気持ちいいの感情と比較すると8対2ぐらいか。それぐらい嫌なこと、我慢しなければいけないことがほぼ日常の時間を占めていると思われる。私は恨みの記憶がすごいので、コイツにこういうことされたとか、こう言われたとか、ものすごいシッカリ記憶してます。嫌らしいですが事実であり、自分のガソリンの一つになっている。上手く利用する。


今は自分でも珍しくもがいている熱量が凄い。だから記憶する力とか、理解する力などがどうも鋭くなっているようだ。本番テスト前の集中力ってやつかな。タイトルでいう火事場のクソ力のようで、必要最低限の睡眠、食事、リラックス・タイムを自分で費やし、とにかく源動力はこのままではヤバイ!!という恐怖だ。


この力をうまく利用して、とりあえずキャッシュを生み出して、継続したい。そうすれば恐怖からは、一時的か長期的かはわかりませんが、消すことが出来そうだ。勿論長期が良い。


今日も頑張ろう。しかし最近全力でやっているからグッスリ寝れる。全力で生きるってメリットが大きいのかもな…


人を動かす 火事場の鉄則

人を動かす 火事場の鉄則

転職活動はしているけれど、現職にも在席している。のんびりはしてないよ

休みの日は、WEB面接やら、WEB履歴書やらで着実に前に進めている。まだ現在の職場にいるからといって安心感に浸りながら有効な時間を過ごしているわけではない。


自分に厳しいなと思いながらも、ちょっと頑張っている自分を褒めたいな。胃が痛いし肝臓の調子も心配であるし…。


実際に個人事業主になった時の健康保険、厚生年金の問題はユーチューバーのリベラルアーツさんの動画でかなり節税できることがわかったので安心感が増えた。ありがとう。


あとは難易度が高い自分で稼ぐ力を高めていくわけだけれど、一度ゼロから売上を作った経験があるので何とかしていきたいと思っているし、できると思っている。全力で今の手持ち時間が使えると、何とか爆発的に増やせると目論んでいる。その為には事前のリサーチはかなりやる。情報収集の量と、質は自分でググルテクニックをもっと増やさなければいけないと……。


自分の疲れと、頭の冴えているコンディションと相談しながら1ミリでも前に進めていく。今日も頑張るぞー